【2020年10月18日産業保健集中研修会】

10月19日追記 本研修会は、無事実施することができました。
10月16日追記 本研修会は、予定通り開催します。
10月13日追記 予定通りの開催にむけて、最終準備中です。
受講予定の先生方には、本日、受講メールの送信を行いました。
届いていない場合には、以下よりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

10月8日追記 予定通り、10月7日をもって、参加受付を終了いたしました。

9月24日追記 地域別の定員を設けて、一般向け受付を再開いたしました。
定員まで先着順で申し込みを受付いたします(最終受付日は10月7日(水))。
詳しくは、下記をご確認ください。
なお、すでに70名程度のお申し込みを頂いており、最少催行人員には達しております。

9月23日追記 一般向け二次募集を終了し、現在一旦受付を中断しています。
岡山県医師会向けの募集は、継続して行っております)
今後、地域別の定員を設定したうえで、追加募集を実施予定です。
募集開始については、こちらから案内いたしますので、
ご確認をよろしくお願いいたします。

9月16日追記 一般向けフォーム受付が一時中断のままとなっておりましたが、
先ほど再開いたしました。事前登録をお待ちしております。

9月14日追記 一次募集は終了し、定員に満たなかったため、
二次募集を開始しております。事前登録締め切りは9月22日(火)です。

―――――――――――――――――――――――――――――――
6月28日に予定されていた産業医生涯研修会は中止となり、申し訳ありませんでした。

このたび、岡山大学学内での開催は会場使用許可が得られないこともあり、
学外会場にてテレビ会議システムを用いて会場を分散し、
また当日の運営についてはJTBに委託するなどし、
なんとか以下の通り、10月18日(日)に開催のめどを立てました。
(研修内容につきましては、おおむね6月28日と同内容ですが、テレビ会議システムを
 用いるため、「実地単位」は取得できないことを、ご了承ください)

なお、お申込み前に確認および同意いただく事項が多数ございます。
詳細は、申込WEBフォームにてご確認のうえ、すべての項目について同意いただいたうえでの
お申込みをお願いいたします。
特に、今回は今後の新型コロナウイルスの感染状況によっては、直前であっても
中止となる可能性を、十分に念頭においたうえでの計画となります。
そのため、会場キャンセル費用など不可避な費用を考慮しますと、
受講者側に責のない事由による中止であっても、全額の返金はなされませんこと、
あらかじめよくご確認くださいますようお願いいたします。

1.研修方法

新型コロナウィルス感染拡大防止措置として、研修会場を3-4つに分けて
(同一テナントビル内の別フロアに3-4会場設定予定;送信側会場1と受信側会場2-3)、
各会場をWeb会議システムで接続し、講義内容をリアルタイムでスクリーンへ
投影する方法で開催いたします。

またキャンセル時の不可避な費用を最小化するため、今回は紙媒体での資料集は用意しません。
事前に資料をダウンロードいただき、ご自身で印刷してお持ちいただくか、
PCやタブレット等で閲覧していただきますよう、ご協力をお願いいたします。

2.受講料について

受講料:20,000円(昼食代を含みます)

外部会場の確保、会場定員1/2から1/3での運用、JTBへの運営委託を含め、
今後も追加的に発生しうる費用などを勘案して、受講料を見直しております。
ご理解いただければ幸いです。

なお、受講料は事前振り込みとしています。振り込みを確認してから、
参加確定とさせていただきます。

3.キャンセルについて

新型コロナウイルス感染状況等のやむを得ない事情により、研修会が中止となる場合があります。
その場合は、諸経費(会場キャンセル代、振込手数料など)を除いた、
一部の金額を返金することといたします。
受講料の全額返金はありませんので、キャンセル規定およびキャンセル料について、
十分に確認、同意のうえ、事前登録をいただくようにお願いします。

キャンセル手数料の概要

(以下の金額(目安)を受講料から差し引いて返金する予定です)
        ~10月11日(日) 3000円
 10月12日(月)~10月16日(金) 4000円
 10月17日(土・前日) 5000円
 10月18日(日・当日)(なんらかの事情により研修会を開催できない、
  または途中で中止せざるをえなかった場合) 10000円

また、最少催行人数の50名を超える見込みがない場合には、中止することがあります。
2週間前から発生するキャンセル手数料等も、最終的には受講者数で割って、
負担をお願いするところ、高額になるのは避けたいところですので、ご理解いただければ幸いです。

(おかげさまで50名を超えるお申し込みを頂きましたので、
 申し込み人員不足による開催中止はありません)

そのほか、今後の準備状況のなかで、さまざまな変更が生じうる点も、
あらかじめご承知おきくださいますよう、よろしくお願いいたします。

4.受講申込方法

①まずは以下のWEBフォームより、重要事項およびメールアドレスの確認をお願いします。
 入力されたメールアドレスが適切かつ到達可能なものであれば、
 「メールアドレスが確認できました」という件名のメールが届きます。

②届いたメールに指定されたURLにしたがって、フォームにて同意事項の確認と必要事項を
 入力のうえ、事前登録を完了させてください

③事前登録いただいたのち、以下のスケジュールにしたがって、定員を超える場合には
 抽選を行ったうえで、抽選上位者の方から、振り込み先口座情報をお知らせします。

④指定された期日までの受講料の振り込みをお願いいたします。
 受講料の振り込みをもって、受講確定とさせていただきます。

〇一般受付 事前登録WEBフォーム
岡山県医師会会員専用 申込WEBフォーム

(郡市医師会のみ所属の方は対象になりません)

なお、メールやFAX、電話での申込み受付は行っておりません。ご了承ください。
お問い合わせについては、こちらのお問い合わせフォームからお願い致します。

5.申し込みスケジュール(一般受付)

一次募集 9月11日(金)まで
二次募集 9月14日(月)から22日(火祝)まで
(ただし、一次募集の申込状況によっては、二次募集を行わないことがあります)
追加募集 10月7日(水)まで

9月14日(月) 一次募集事前登録者振込案内開始(振込期限18日まで)
9月23日(水) 二次募集事前登録者振込案内開始(振込期限27日まで)
9月24日(木)以降 追加募集に対して、順次振込案内実施(振込期限:案内から3日程度)
10月13日(火) 受講者最終確定

―――――――――――――――――――――――――――――――

開催概要

2020 日本医師会認定産業医 生涯研修会(第一セントラルビル開催分)
 産業保健集中研修会 生涯研修 更新1単位 専門5単位
 ※実地単位および基礎研修の単位は取得できません。

●2020年10月18日(日曜日) 9時30分~16時30分
9時30分~11時30分 
 演題:労務管理の視点からみた健康管理の整理
    -働き方改革関連法案施行に伴う、産業医機能の強化を受けて-(専門2単位)
11時40分~12時40分
 演題:就業と治療の両立支援に関する具体的課題
    -がん・神経性進行疾患・精神疾患発達障害等への対応のポイント-(更新1単位)
12時40分~13時20分 
 昼食(お弁当を用意します)
13時20分~15時20分
 演題:発達障害が疑われる際の産業医面接における面接シナリオ作成の意義と具体例(専門2単位)
15時30分~16時30分
 演題:メンタル対応(発達障害疑い対応含む)まとめ 総合討議(専門1単位)

講師
 高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
 梅田理可(JFEスチール西日本製鉄所(倉敷地区) 嘱託産業医
 森 悠太(麻の葉経営コンサルタント 社会保険労務士

主 催:岡山県医師会  運 営:株式会社JTB
協 力:NPO岡山健康医学研究会、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科疫学・衛生学分野
場 所:第一セントラルビル1号館〈3F,5F,9F〉(岡山県岡山市北区本町6番36号)
 駐車券補助等はありませんので、公共交通機関をご利用いただくようお願いいたします。
 なお、自己負担にて近隣の駐車場をご利用いただくことは差し支えありません。
 
 また、会場の換気を一定頻度で実施しますので、寒い・暑い箇所が生じる場合に備え、
 温度調整ができる服装をご準備いただくようお願いします。

対 象:日本医師会認定産業医
定 員:110名
 *地域ブロックごとに、部屋を分けるため、地域ブロック定員も設定します。
 *岡山県医師会会員枠を30名前後設定します。
 *最少催行人員を50名とさせていただきます
 (おかげさまで50名を超えるお申し込みを頂きましたので、
  申し込み人員不足による開催中止はありません)
受講料:20,000円(事前振込)昼食代を含みます。
申込み:NPO法人岡山健康医学研究会 専用WEBフォームからのみ受け付け


過去の実施実績
―――――――――――――――――――――――――――――――
2019年度
 2019年10月27日(日曜日) 9時00分~19時50分
(更新1単位、実地2単位、専門7単位)
 演題:
  労務管理の視点からみた健康管理の整理
   -働き方改革関連法案施行に伴う、産業医機能の強化を受けて-
  健康情報管理規程の作成について
   ー「労働者の心身の状態に関する情報の適正な取扱い指針(平成30年9月7日)」-
  グループワークによる具体的な規程の検討
  メンタル不調からの復職判定面接における面接シナリオ作成の意義と具体例
  就業規則を適用した標準化されたメンタル対応
  グループワークによる具体的な規程の検討
  中小企業でも実施できる人事主体の健診事後措置の具体例
 講師:
  高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
  森 悠太(社労士法人 桑原事務所)

 2019年1月6日(日曜日) 9時00分〜19時50分
(更新2単位、実地2単位、専門6単位)
 演題:
  ルール・業務遂行レベルにもとづくメンタル対応
  治療と就業の両立支援に関する具体的課題 −がん・精神疾患への対応のポイント−
  労働安全衛生法の一部改正(第68条の2)と企業における分煙対策
  就業規則を適用した標準化されたメンタル対応
  現場の課題を解決する健診事後措置における標準化の具体例
  現場の課題を解決する過重労働対策における標準化の具体例
 講師:
  高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
  森 悠太(社労士法人 桑原事務所)

2018年度
 平成30年8月19日(日曜日) 12時30分〜17時50分
(更新研修2単位 専門研修1単位 実地研修2単位
 演題:
  健康診断事後措置を見直す
   −健康診断項目の省略基準の見直し(平成29年8月4日付基発0804第4号)−
  過重労働対策を見直す
   −産業医の定期巡視の頻度に関する安衛則改正(第 15 条第1項関係)を転機に−
  メンタルヘルス演習
  メンタルヘルス対応;難渋事例の検討 グループワーク
  ルールと業務遂行レベルにもとづくメンタルヘルス対応 −発達障害対応編−
 講師:
  高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
  道端達也(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野)
  土橋酉紀(広島大学大学院 公衆衛生学 助教

2017年度
 平成29年8月20日(日) 13時00分〜17時10分
 演題:
  メンタルヘルス総論
   業務的健康管理の観点からラインケアを再定義する
  メンタルヘルス各論
   労働安全衛生法改正にともなうストレスチェックへの対応
  メンタルヘルス演習
  メンタルヘルス対応;難渋事例の検討 グループワーク
  メンタル対応まとめ 総合討議
 講師:
  高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
  三橋利晴(岡山大学病院新医療研究開発センター 助教
  岩瀬敏秀(岡山県地域医療支援センター岡山大学支部 助教

2016年度
 平成28年11月5日(土)
 演題:
  就業規則にもとづくメンタル対応の試みと社会保険労務士への期待
  産業医社会保険労務士の連携事例
   −それぞれの立場からお互いのニーズを探る−
  具体的な就業規則項目について検討する(グループ演習)
   −復帰基準の明文化と欠勤・休職の通算規定の整備−
  弁護士から見た就業規則にもとづくメンタル対応の可能性
  パネルディスカッション
  まとめ;ケースバイケース対応ではないルールにもとづくメンタル対応
 講師:
  高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
  村本 浩(村本綜合法律事務所、弁護士)
  松葉泰昌(名古屋大学
  多賀三佐子(アムール・メディカル、社労士)
  万田耕司(社労士法人IMI、社労士)
  岩井雅廣(社労士法人IMI、社労士)
  竹谷保宣(社労士法人ベスト・パートナーズ、社労士)

2015年度
 平成27年11月14日(土)
 演題:
  事例研究1:メンタル対応ケース紹介(休職・復職を繰り返す事例)
  事例研究2:メンタル対応ケース紹介 (療養導入困難事例)
  グループディスカッション
   −事例についての問題点の整理と解決法の提案−
  パネルディスカッション
   −事例対応についての質疑応答−
  まとめ;ケースバイケース対応ではないルールにもとづくメンタル対応
 講師:
  川瀬洋平(三菱化学株式会社 産業医
  神原辰徳三菱化学株式会社 産業医
  高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)

【岡山大学病院】産業医研修会(中止)

2020年度から、新規に開催を予定しておりましたが、

諸事情により、以下のすべての研修会の開催を中止します。

2021年度から実施できるよう、あらためて検討を進めます。 

 

 

◆2020年6月23日 火曜日 18時半~20時半

演題及び講師:

  演題:標準化された健康管理

     -健康管理そのものは社員にやってもらう-

  講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)

  講師:森 悠太(麻の葉経営コンサルタント 社会保険労務士

  単位数:生涯専門2単位

 

◆2020年8月25日 火曜日 18時半~20時半

演題及び講師:

  演題:健康保持増進 -行動経済学理論を応用した新しい手法-

  演題:健康保持増進 ―健康経営への取り組み-

  講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)

  講師:森 悠太(麻の葉経営コンサルタント 社会保険労務士

  単位数:生涯専門2単位

 

◆2020年10月27日 火曜日 18時半~20時半

演題及び講師:

  演題:嘱託産業医が知っておくべき作業環境管理

  講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)

  講師:森 悠太(麻の葉経営コンサルタント 社会保険労務士

  単位数:生涯専門2単位

 

◆2020年12月15日 火曜日 18時半~20時半

演題及び講師:

  演題:作業管理 -絶対に外すことができない労働時間管理にどう関与するか-

  講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)

  講師:森 悠太(麻の葉経営コンサルタント 社会保険労務士

  単位数:生涯専門2単位

 

◆2021年2月16日 火曜日 18時半~20時半

演題及び講師:

  演題:有害業務管理 -最低限知っておきたい有機溶剤・粉じん作業-

  講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)

  講師:森 悠太(麻の葉経営コンサルタント 社会保険労務士

  単位数:生涯専門2単位

 

◆2021年4月20日 火曜日 18時半~20時半(予定;未申請)

演題及び講師:

  演題:産業医活動の実際 -労務管理産業医がどこまですべきか?-

  講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)

  講師:森 悠太(麻の葉経営コンサルタント 社会保険労務士

  単位数:生涯専門2単位

 

【研修会詳細】
場 所: 岡山大学医学部基礎研究棟1階 大学院セミナー室

岡山市北区鹿田町2丁目5番1号)

対 象:産業医活動を希望する医師

定 員:40名

受講料:2,500円(事前振込)

    当日受付・事後振込の場合は3,000円になります。

申込み:WEBフォームよりお願いします。
  コチラから

備考:
 駐車補助券を用意しますが、大学病院駐車場は慢性的に

 混雑しておりますので、公共交通機関のご利用をお勧めします。
 日本医師会認定産業医の方は、単位を取得できます。

【研究成果中間報告会】オンラインでの開催

4/27追記 5月19日に開催を予定していた本報告会ですが、
会場の都合上、実地での開催はいったん中止とし、
オンラインでの開催のみに変更させていただきます。

1.開催日時 2020年5月19日(火) 13:30~15:00

2.Zoomというオンライン会議システムを活用して実施します。
 詳しくは、https://zoom.us/をご確認ください。

3.申込方法 お手数ですが、再度こちらのフォームからお申込ください。

 

4/17追記 先日4月中旬~下旬に開催する予定とお伝えしていた

オンラインセミナーですが、

準備の都合で、5月開催に予定を延長させていただきます。

 

3/31追記 4月の開催に関して目途が立たないことから、

さらに延期して5月19日の開催を予定しています。

なお、4月中旬~下旬に先行でほぼ同じ内容のセミナーを、

オンライン形式で開催予定です。

ご興味がある方は、ぜひこちらにもご参加くださいませ。

 

3/3追記 本報告会は開催を延期することとなりました。

なお、代替日として、4月の中旬頃の開催を予定しております。

詳細が決定しましたらこちらでも案内させていただきますので、

ご確認をお願いいたします。

4月15日での開催の方向で準備をしております。

 

今年度、業務遂行レベルに基づくメンタルヘルス対応方法に準拠して、「社会保険労務士」による個別事例の支援方法を開発するために、岡山大学社会保険労務士法人桑原事務所による共同研究を実施しました。実際に30以上の事例への対応支援を通して、一定の成果を挙げております(共同研究については、こちらをご確認ください(大学ホームページ))。

 来る3月5日に、この研究に関する中間成果報告会を開催いたします。今回の説明会では、メンタル不調者の対応における問題解決が期待できる「面接シナリオ」の活用方法と、面接シナリオの作成支援事業(有償)についてご紹介します。従来の支援とは異なり、多くの事例で逸脱なく、かつ速やかに自体の打開に向けて動き出すことができ、非常に効果的な対応だと感じております。また、報告会終了後に、日々のお悩みや、本報告会および作成支援事業に関する個別相談会(5社限定)を実施します。

 

1.開催日時 2020年3月5日(木) 13:00~15:00(15分前から開場・受付開始)
 ※個別相談会については、報告会終了後に、各社20分ずつ実施予定です。
  お申し込み順で、相談枠を決定させていただきます。

2.会場 岡山大学鹿田キャンパス 基礎研究棟1階 大学院セミナー室
 (岡山市北区鹿田町2-5-1)

3.申込方法 こちらのフォームからお申込ください

4.募集人数 先着40名

5.説明会参加費 無料

6.問合せ先 主催者:NPO法人 岡山健康医学研究会

                       実施者:株式会社Office d’Azur  info@fukushoku-meijin.com

【2020年6月28日産業保健集中研修会】(中止)

5月9日追記
本研修会は中止となりました。

2020年4月2日追記 新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、研修会の開催について検討しております。そのため、いったん受付を中断させていただきました。

ゴールデンウィーク明けに、開催か中止かを判断し、募集を再開するかどうか決定しますので、それまでの間、お待ちくださいませ。

なお、募集再開の場合には、このページから情報を発信いたします。


2020年2月5日、受講受付を開始しました。下記をご確認の上、お申込みください。
※当研修会はメールやFAX、電話での申込みは受付しておりません。
 下記をご確認の上で、フォームから申込みください。

2020年6月28日(日曜日) 9時30分~16時30分
(更新1単位、実地2単位、専門3単位)※基礎研修の単位は取得できません。

9時30分~11時30分
 演題:労務管理の視点からみた健康管理の整理
  -働き方改革関連法案施行に伴う、産業医機能の強化を受けて-
 講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
 単位数:専門2単位

【休憩:11時30分~11時40分(10分間)】

11時40分~12時40分
 演題1:治療と就業の両立支援に関する具体的課題
  -がん・神経性進行疾患・精神疾患発達障害等への対応のポイント-
 講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
 単位数:更新1単位

【昼食:12時40分~13時20分(40分間)】 お弁当を用意します

13時20分~15時20分
 演題:発達障害が疑われる際の産業医面接における面接シナリオ作成の意義と具体例
 講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
    森 悠太(社労士法人 桑原事務所)
    梅田理可(JFEスチール西日本製鉄所(倉敷地区) 嘱託産業医
 単位数:実地2単位

【休憩:15時20分~15時30分(10分間)】

15時30分~16時30分
 演題:メンタル対応(発達障害疑い対応含む)まとめ 総合討議
 講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
 単位数:生涯研修 専門研修1単位

場 所: 岡山大学医学部臨床講義棟2階 臨床第一室(岡山市北区鹿田町2丁目5番1号)
 駐車券補助はありませんので、公共交通機関をご利用いただくようお願いいたします。
  なお、自己負担にて大学構内の駐車場をご利用いただくことは差し支えありませんが、
 駐車場の空き状況なども含め、ご自身で対処いただくようお願いいたします。
  また、会場の暖房・冷房が均一になりにくく、非常に寒い・暑い箇所が生じる場合が
 ありますので、温度調整ができる服装をご準備いただくようお願いします。

定 員:100名

受講料:15,000円(事前振込)
 当日受け付けはありません。また、申し込みいただいても、
 期日までに振込いただけなかった場合は受講いただけません。

申込み方法:
 1.先ずはこちらの、「留意事項とご案内」をお読みください。
 2.ご了承頂けましたら、こちらのWEBフォームより、
  重要事項およびメールアドレスの確認をお願いします。
  入力されたメールアドレスが適切なものであれば、
 「メールアドレスが確認できました」という件名のメールが届きます。
 3.届いたメールに指定されたURLにしたがって、フォームに必要事項を入力のうえ、
  受講登録を完了させてください
 4.受講登録をいただいた方には、4月下旬以降に受講料の振り込みに関する
  ご案内を順次いたします。受講料の入金が確認で来た時点で、受講が確定となります。

なお、メールやFAX、電話での申込み受付は行っておりません。ご了承ください。
お問い合わせについては、こちらのお問い合わせフォームからお願い致します。


過去の実施実績
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2019年度
 2019年10月27日(日曜日) 9時00分~19時50分
(更新1単位、実地2単位、専門7単位)
  演題:労務管理の視点からみた健康管理の整理
   -働き方改革関連法案施行に伴う、産業医機能の強化を受けて-
  演題:健康情報管理規程の作成について
   ー「労働者の心身の状態に関する情報の適正な取扱い指針(平成30年9月7日)」-
  演題:グループワークによる具体的な規程の検討
  演題:メンタル不調からの復職判定面接における面接シナリオ作成の意義と具体例
  演題:就業規則を適用した標準化されたメンタル対応
  演題:グループワークによる具体的な規程の検討
  演題:中小企業でも実施できる人事主体の健診事後措置の具体例
  講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
  講師:森 悠太(社労士法人 桑原事務所)


 2019年1月6日(日曜日) 9時00分〜19時50分
(更新2単位、実地2単位、専門6単位)

  演題:ルール・業務遂行レベルにもとづくメンタル対応
  演題:治療と就業の両立支援に関する具体的課題
     −がん・精神疾患への対応のポイント−
  演題:労働安全衛生法の一部改正(第68条の2)と企業における分煙対策
  演題:就業規則を適用した標準化されたメンタル対応
  演題:現場の課題を解決する健診事後措置における標準化の具体例
  演題:現場の課題を解決する過重労働対策における標準化の具体例
  講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
  講師:森 悠太(社労士法人 桑原事務所)

2018年度
 平成30年8月19日(日曜日) 12時30分〜17時50分
 単位数:生涯研修 更新研修2単位 専門研修1単位 実地研修2単位
演題:
  健康診断事後措置を見直す
   −健康診断項目の省略基準の見直し(平成29年8月4日付基発0804第4号)−
  過重労働対策を見直す
   −産業医の定期巡視の頻度に関する安衛則改正(第 15 条第1項関係)を転機に−
  メンタルヘルス演習
  メンタルヘルス対応;難渋事例の検討 グループワーク
  ルールと業務遂行レベルにもとづくメンタルヘルス対応 −発達障害対応編−
  講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
  講師:道端達也(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野)
  講師:土橋酉紀(広島大学大学院 公衆衛生学 助教

2017年度
 平成29年8月20日(日) 13時00分〜17時10分
演題:
  メンタルヘルス総論
  業務的健康管理の観点からラインケアを再定義する
  メンタルヘルス各論
  労働安全衛生法改正にともなうストレスチェックへの対応
  メンタルヘルス演習
  メンタルヘルス対応;難渋事例の検討 グループワーク
  メンタル対応まとめ 総合討議
  講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
  講師:三橋利晴(岡山大学病院新医療研究開発センター 助教
  講師:岩瀬敏秀(岡山県地域医療支援センター岡山大学支部 助教

2016年度
 平成28年11月5日(土)
 演題:
  就業規則にもとづくメンタル対応の試みと社会保険労務士への期待
  産業医社会保険労務士の連携事例
   −それぞれの立場からお互いのニーズを探る−
  具体的な就業規則項目について検討する(グループ演習)
   −復帰基準の明文化と欠勤・休職の通算規定の整備−
  弁護士から見た就業規則にもとづくメンタル対応の可能性
  パネルディスカッション
  まとめ;ケースバイケース対応ではないルールにもとづくメンタル対応
  講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
  講師:村本 浩(村本綜合法律事務所、弁護士)
  講師:松葉泰昌(名古屋大学
  講師:多賀三佐子(アムール・メディカル、社労士)
  講師:万田耕司(社労士法人IMI、社労士)
  講師:岩井雅廣(社労士法人IMI、社労士)
  講師:竹谷保宣(社労士法人ベスト・パートナーズ、社労士)

2015年度
 平成27年11月14日(土)
 演題:
  事例研究1:メンタル対応ケース紹介(休職・復職を繰り返す事例)
  事例研究2:メンタル対応ケース紹介 (療養導入困難事例)
  グループディスカッション
   −事例についての問題点の整理と解決法の提案−
  パネルディスカッション
   −事例対応についての質疑応答−
  まとめ;ケースバイケース対応ではないルールにもとづくメンタル対応
 講師:川瀬洋平(三菱化学株式会社 産業医
 講師:神原辰徳三菱化学株式会社 産業医
 講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)

【国立岡山医療センター】産業保健研修会(中止)

7月7日更新 2020年度分はすべて中止となりました。

2020年度も、例年通り年2回の実施です。
開始時間が18時半からになりました。ご注意ください。


◆2020年8月18日火曜日 18時半~20時半
演題及び講師:
 演題1:面接シナリオによるメンタル対応A 療養導入編
 演題2:グループワークによる面接シナリオの検討
 講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
 単位:生涯専門1単位、生涯実地1単位

◆2020年12月1日火曜日 18時半~20時半
演題及び講師:
 演題1:面接シナリオによるメンタル対応B 療養専念期膠着編
 演題2:グループワークによる面接シナリオの検討
 講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
 単位:生涯専門1単位、生涯実地1単位

【研修会詳細】
 会場:国立病院機構岡山医療センター岡山市北区田益1711-1)西棟8階
 定員:50名
 受講料:2,500円(事前振込)(2020年度より、労災・大学と同一にしました)
     当日受付は3,000円(事後振込)
     *事前に申し込みをいただいても、振込が完了していない場合は事後と同様になります。ご了承ください。
 申込み:WEBフォームよりお願いします。
  コチラから

 備考:
 どなたでもご参加いただけます。
 岡山医療センターの駐車場を無料でご利用いただけます
(駐車券の無料化処置を致します、駐車券を受付にお持ち下さい)。
 日本医師会認定産業医の方は、単位を取得できます。


 以下は過去の実施実績です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 日時:2019年8月20日火曜日 18時半~20時半
 演題1:メンタルヘルス対応 家族との関わり方
 演題2:メンタルヘルス対応 事例紹介(面接シナリオと人事措置書)

 日時:平成31年3月12日火曜日 19時〜21時
 演題1:ルールと業務遂行レベルにもとづくメンタルヘルス対応
     −発達障害対応編−
 演題2:グループワークによる事例検討
     −発達障害が疑われる社員への産業医としての対応を検討する−

 日時:平成30年12月18日火曜日 19時〜21時
  演題1:過重労働対策を見直す
   −産業医の定期巡視の頻度に関する安衛則改正(第15条第1項関係)を転機に−
  演題2:グループワークによる事例検討
   −「心理的負荷による精神障害の認定基準」から産業医としての過重労働対策を見直す−

 日時:平成30年2月6日火曜日 19時〜21時
  演題1:過重労働による健康障害防止対策・総論
  演題2:労働時間と脳血管・心疾患の関連に関する最新エビデンス

 日時:平成29年8月8日火曜日 19時〜21時
  演題1:ストレスチェック事例紹介1(面接指導編)
  演題2:−ストレスチェック面接指導のロールプレイとグループワーク−

 日時:平成29年2月7日(火)19:00〜21:00
  演題1:メンタルヘルス事例紹介1(過重労働編)
  演題2:メンタルヘルス事例紹介2(パワハラ編)

 日時:平成28年8月9日(火)19:00〜21:00
  演題1:ストレスチェック制度の概説(法改正のポイント)
  演題2:ストレスチェックの実務(検査、面接指導、事後措置の実施)

 日時:平成28年2月9日(火)19:00〜21:00
  演題:職場におけるメンタル対応:上司への指導のあり方

【岡山労災病院】産業保健研修会;定員20名(中止)

7月7日更新 2020年度予定はすべて中止となりました。

≪開催予定日・演題≫
2020年度は、11、1、3月開催です。
開始時間は18時半からです。ご注意ください。


◆2020年5月7日木曜日 18時半~20時半
 演題及び講師:
 演題1:面接シナリオによるメンタル対応1 療養開始説明編
 演題2:グループワークによる面接シナリオの検討
 講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
 講師:岸本卓巳(岡山労災病院
 単位:生涯専門1単位、生涯実地1単位

◆2020年11月5日木曜日 18時半~20時半
演題及び講師:
 演題1:面接シナリオによるメンタル対応2 復帰準備期移行編
 演題2:グループワークによる面接シナリオの検討
 講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
 講師:岸本卓巳(岡山労災病院
単位:生涯専門1単位、生涯実地1単位

◆2021年1月7日木曜日 18時半~20時半
演題及び講師:
 演題1:面接シナリオによるメンタル対応3 復帰検討期移行編
 演題2:グループワークによる面接シナリオの検討
 講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
 講師:岸本卓巳(岡山労災病院
単位:生涯専門1単位、生涯実地1単位

◆2021年3月4日木曜日 18時半~20時半
演題及び講師:
 演題1:面接シナリオによるメンタル対応4 復帰可否判定面接編
 演題2:グループワークによる面接シナリオの検討
 講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
 講師:岸本卓巳(岡山労災病院
単位:生涯専門1単位、生涯実地1単位


【研修会詳細】 
 時間:18:30〜20:30
 会場:岡山労災病院(別館3F大会議室)
    岡山市南区築港緑町1-10-25
 対象:産業保健に関心のある方なら、どなたでもご参加いただけます。
 定員:20名
 受講料:2,500円(事前振込、当日受付・事後振込の場合は3,000円になります)

 申込み:以下のWEBフォームよりお願いします。
 コチラから

    *企業の人事労務担当者、社労士などにつき、
    先着5名まで無料でご招待します。

 備考:内容はメンタル対応、健康診断事後措置、過重労働等の事例検討・意見交換など。
 講師・参加者間の意見交換を通して、それぞれ現在、過去にお困りの事例について、
 他社の人事労務担当者、産業医、産業保健職の意見なども幅広く聴くことができる機会です。
 日本医師会認定産業医の方は、生涯研修単位を取得できます。
 岡山労災病院の駐車場を無料でご利用いただけます(駐車券の無料化処置を致しますので、駐車券を受付までお持ち下さい)。


【終了しました】過去の履歴
 2019年度
  ◆5月16日木曜日 メンタルヘルス対応 (面接シナリオと人事措置書)
  ◆10月17日木曜日 健康情報取扱規定
  ◆11月7日木曜日 面接シナリオ作成の意義
  ◆1月16日木曜日 健診事後措置
  ◆2月13日木曜日 復職可否判定

 2018年度
  ◆  5月24日(木) 『健康診断事後措置の具体的課題』
  ◆  6月28日(木) 『労働安全衛生法の一部改正(第68条の2)と企業における分煙対策』
  ◆ 10月11日(木) 「 過重労働対策の具体的課題−」
  ◆ 11月8日(木) 「過重労働対策を見直す」
  ◆ 1月24日(木) 「メンタルヘルス対応−発達障害対応編−」
  ◆ 2月28日(木) 「治療と就業の両立支援に関する具体的課題」

 2017年度
  ◆  4月13日(木) 『メンタルヘルス対応総論・上司向け研修について検討』
  ◆  6月15日(木) 『ストレスチェック検査・手順と様式についての検討』
  ◆  7月13日(木) 『メンタルヘルス対応(療養専念期)・様式使用方法の検討』
  ◆  9月14日(木) 『ストレスチェック面接指導・手順と様式についての検討』
  ◆ 10月12日(木) 『メンタルヘルス対応(復帰準備期)・様式使用方法の検討』
  ◆ 11月 9日(木) 『ストレスチェック事後措置・手順と様式についての検討』
  ◆ 2018年1月25日 「手順と様式によるメンタル対応(復帰検討期)」
  ◆ 2018年3月 8日 「ストレスチェック制度の概説と事後措置にかかる手順と様式」

 2016年度
  ◆ 2016年 5月12日(木) 『ストレスチェック 検査実施のポイント』 
  ◆ 2016年 6月 9日(木) 『ストレスチェック 医師面接指導のポイント』 
  ◆ 2016年 7月14日(木) 『ストレスチェック 事後措置のポイント』 
  ◆ 2016年 9月15日(木) 『事例で学ぶメンタルヘルス対応(復職編)』
  ◆ 2016年10月13日(木) 『事例で学ぶメンタルヘルス対応(療養導入編)』 
  ◆ 2016年11月10日(木) 『事例で学ぶメンタルヘルス対応(難渋編1)』 
  ◆ 2016年12月 8日(木) 『事例で学ぶメンタルヘルス対応(難渋編2)』
  ◆ 2017年1月26日(木) 『事例で学ぶメンタルヘルス対応(過重労働編)』
  ◆ 2017年3月 9日(木) 『事例で学ぶメンタルヘルス対応(パワハラグレーゾーン編)』

 2015年度
  ◆ 2015年10月08日(木) 『ストレスチェック制度への対応』 
  ◆ 2015年11月12日(木) 『関係者との関わり方(家族編)』 
  ◆ 2015年12月10日(木) 『関係者との関わり方(主治医編)』 
  ◆ 2016年 1月14日(木) 『メンタル対応と改正障害者雇用促進法』 
  ◆ 2016年 3月10日(木) 『就業基準・復帰基準の設定の仕方』 

【2019年10月27日産業保健集中研修会】終了しました。

終了しました。

(2019/10/25追記)2019年10月18日(金)に、受講証をメールにてお送りしています。

 届いていないという方は、一度迷惑メールをご確認いただき、

 それでも届いていない方は、事務局までご連絡くださいませ。

(2019/10/15追記)2019年10月11日(金)をもって、申込みを締め切らせて
 いただきました。ご了承くださいませ。
(2019/10/9追記)2019年10月11日(金)をもって、申込みを締め切らせて
 いただきます。ご検討されている方はそれまでにお申込みください。

※当研修会はメールやFAX、電話での申込みは受付しておりません。

 下記をご確認の上で、フォームから申込みください。

2019年10月27日(日曜日) 9時00分~19時50分
(更新1単位、実地2単位、専門7単位)
※基礎研修の単位は取得できません。

9時00分~11時00分
演題及び講師:
  演題:労務管理の視点からみた健康管理の整理
  -働き方改革関連法案施行に伴う、産業医機能の強化を受けて-
  講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
  単位数:専門2単位

11時00分~13時00分
演題及び講師:
  演題1:健康情報管理規程の作成について
―「労働者の心身の状態に関する情報の適正な取扱い指針(平成30年9月7日)」-
  演題2:グループワークによる具体的な規程の検討
  講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
  講師:森 悠太(社労士法人 桑原事務所)
  単位:生涯更新1単位、生涯実地1単位

【昼食:13時00分~13時40分(休憩40分間)】 お弁当を用意します

13時40分~15時40分
演題及び講師:
  演題:メンタル不調からの復職判定面接における面接シナリオ作成の意義と具体例
  講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
  単位:生涯専門2単位
【休憩:15時40分~15時50分(休憩10分間)】

15時50分~17時50分
演題及び講師:
  演題1:就業規則を適用した標準化されたメンタル対応
  演題2:グループワークによる具体的な規程の検討
  講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
  講師:森 悠太(社労士法人 桑原事務所)
  単位:生涯専門1単位、生涯実地1単位

17時50分~19時50分
演題及び講師:
  演題:中小企業でも実施できる人事主体の健診事後措置の具体例
  講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
  単位数:専門2単位

 〔東京方面最終のぞみ64号(岡山駅発20:36)および
 鹿児島中央方面最終みずほ611号(岡山駅発20:44)には間に合うように終了します〕


場 所: 岡山大学医学部臨床講義棟2階 臨床第一室(岡山市北区鹿田町2丁目5番1号)
 駐車券補助はありませんので、公共交通機関をご利用いただくようお願いいたします。
 なお、自己負担にて大学構内の駐車場をご利用いただくことは差し支えありませんが、
 駐車場の空き状況なども含め、ご自身で対処いただくようお願いいたします。
 また、会場の暖房・冷房が均一になりにくく、非常に寒い・暑い箇所が生じる場合が
 ありますので、温度調整ができる服装をご準備いただくようお願いします。

定 員:100名

受講料:20,000円(事前振込)当日受け付けはありません。
    申し込みいただいても、期日までに
    振込いただけなかった場合は受講いただけません。

申込み方法:1.先ずはこちらの「留意事項とご案内」をお読みください。
        「留意事項とご案内」はコチラから
      2.ご了承頂けましたら、以下のWEBフォームよりお願いします。
       なお、メールやFAX、電話での申込み受付は行っておりません。ご了承ください。
        「産業保健集中研修会申し込みフォーム」はコチラから


過去の実施実績
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2019年度
 2019年1月6日(日曜日) 9時00分〜19時50分
(更新2単位、実地2単位、専門6単位)

  演題:ルール・業務遂行レベルにもとづくメンタル対応
  演題:治療と就業の両立支援に関する具体的課題
     −がん・精神疾患への対応のポイント−
  演題:労働安全衛生法の一部改正(第68条の2)と企業における分煙対策
  演題:就業規則を適用した標準化されたメンタル対応
  演題:現場の課題を解決する健診事後措置における標準化の具体例
  演題:現場の課題を解決する過重労働対策における標準化の具体例
  講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
  講師:森 悠太(社労士法人 桑原事務所)

2018年度
 平成30年8月19日(日曜日) 12時30分〜17時50分
 単位数:生涯研修 更新研修2単位 専門研修1単位 実地研修2単位
演題:
  健康診断事後措置を見直す
   −健康診断項目の省略基準の見直し(平成29年8月4日付基発0804第4号)−
  過重労働対策を見直す
   −産業医の定期巡視の頻度に関する安衛則改正(第 15 条第1項関係)を転機に−
  メンタルヘルス演習
  メンタルヘルス対応;難渋事例の検討 グループワーク
  ルールと業務遂行レベルにもとづくメンタルヘルス対応 −発達障害対応編−
  講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
  講師:道端達也(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野)
  講師:土橋酉紀(広島大学大学院 公衆衛生学 助教

2017年度
 平成29年8月20日(日) 13時00分〜17時10分
演題:
  メンタルヘルス総論
  業務的健康管理の観点からラインケアを再定義する
  メンタルヘルス各論
  労働安全衛生法改正にともなうストレスチェックへの対応
  メンタルヘルス演習
  メンタルヘルス対応;難渋事例の検討 グループワーク
  メンタル対応まとめ 総合討議
  講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
  講師:三橋利晴(岡山大学病院新医療研究開発センター 助教
  講師:岩瀬敏秀(岡山県地域医療支援センター岡山大学支部 助教

2016年度
 平成28年11月5日(土)
 演題:
  就業規則にもとづくメンタル対応の試みと社会保険労務士への期待
  産業医社会保険労務士の連携事例
   −それぞれの立場からお互いのニーズを探る−
  具体的な就業規則項目について検討する(グループ演習)
   −復帰基準の明文化と欠勤・休職の通算規定の整備−
  弁護士から見た就業規則にもとづくメンタル対応の可能性
  パネルディスカッション
  まとめ;ケースバイケース対応ではないルールにもとづくメンタル対応
  講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)
  講師:村本 浩(村本綜合法律事務所、弁護士)
  講師:松葉泰昌(名古屋大学
  講師:多賀三佐子(アムール・メディカル、社労士)
  講師:万田耕司(社労士法人IMI、社労士)
  講師:岩井雅廣(社労士法人IMI、社労士)
  講師:竹谷保宣(社労士法人ベスト・パートナーズ、社労士)

2015年度
 平成27年11月14日(土)
 演題:
  事例研究1:メンタル対応ケース紹介(休職・復職を繰り返す事例)
  事例研究2:メンタル対応ケース紹介 (療養導入困難事例)
  グループディスカッション
   −事例についての問題点の整理と解決法の提案−
  パネルディスカッション
   −事例対応についての質疑応答−
  まとめ;ケースバイケース対応ではないルールにもとづくメンタル対応
 講師:川瀬洋平(三菱化学株式会社 産業医
 講師:神原辰徳三菱化学株式会社 産業医
 講師:高尾総司(岡山大学大学院 疫学・衛生学分野 講師)